郵便局の年賀状印刷サービスに赤ちゃん写真を載せて・・・

毎年早い時期に年賀状を自宅のパソコンで作成し、プリンターで印刷しています。

しかし4年前は12月に出産予定で、出産報告と年賀状を一緒に送りたかったので、
赤ちゃんの写真を入れるためにもギリギリまで年賀状を作ることができませんでした。

また出産が年賀状に間に合ったとしても、
きっと育児に追われて年賀状をゆっくり作っている時間がないだろうということで、
郵便局の年賀状印刷サービスを利用しました。

郵便局が提供しているサービスということで、年賀状を買いに行かなくても、
インターネットで写真を選べばそのままお年玉付き年賀状に印刷をしてくれます。

また希望すれば宛名書きもやってくれるということで、宛名書きも申し込みました。
そして何とかギリギリ申し込みの締め切りまでに子供が産まれ、
赤ちゃんの写真を入れたものを申し込むことができました。

そしてせっかくの記念に自分たち宛の年賀状も1枚作ってもらいました。
写真屋さんで印刷するようなキレイな写真入り年賀状というわけではありませんでしたが、
比較的キレイで宛名も印刷してもらえて、時間がない私たちには助かりました。

手作りでも出来映えよく仕上がった赤ちゃんと一緒の年賀状

我が家の場合は、夫婦お互い合わせても年賀状の差し出し先がそんなに多くはなかったので、自分たちで作ることにしました。

専門店にお願いした方が仕上がりがきれいなのはもちろん分かっていましたが、
我が家のプリンターの画質だってなかなかのものでしたから。
それに、数十枚しかないのに、わざわざ外に頼むのもちょっと…という気持ちもありました。

また、デザインを決めてから、何か間違いに気づいたり、変更したくなっても、
自宅で作った方がすぐに手直しできる、という思いもありました。

作成にはパソコンにインストール済みのソフトを利用しました。

挨拶文や、レイアウトやイラストなど、デザインは比較的すんなりと決まったのですが、
写真選びに以外と手間取りました。

少しでもかわいい写真を使いたいと思うのは親バカだからでしょうか。
夫と二人で、誕生からそれまでの数ヵ月分の写真データを何度も見比べ、
ようやく決まった1枚をはめ込んで、年賀状の印刷を実行です。

プリントアウトされた年賀状は思いの外上出来で、
赤ちゃん(娘)の写真もとてもきれいに印刷されて、満足できる作品になりました。

出産後はじめての年賀状。スタジオアリスで作成依頼

去年の4月に待望の赤ちゃん(男の子です)が誕生しました。

4月出産ということもあり、正月までまだ先が長いため、
出産報告の葉書を郵送するか非常に悩みましたが、結局正月の年賀状の時に報告するかたちになりました。

年賀状の作成はスタジオアリスという写真屋さんにお願いしたので
自分達で作成した訳ではないのですが結果的にはお願いして良かったと思っています。

というのも、スタジオアリスで「お宮参り」、「お食い初め」、「ハーフバースデー」などの写真を撮っていたこともあり、
写真として現像したものはデータとして残るので、
使いまわしができましたので再度撮り直しをすることなく簡単に年賀状、出産報告兼用の葉書作成が出来ました。

料金については少しお値段が張りますが、
生まれてきた初めてのお正月、年賀状と思えば、記念にも残りますし安いもんだと思いますよ。

子供が大きくなったときに葉書として状態の良い形で渡してあげたいですからね。